Stage&Cinemaコーナー

劇団あしたの会の劇団員が、最近見た舞台や映画の感想、おすすめの書籍などをアップしていきます!!

暦~こよみ~

« | 2017-05 | »
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アーカイブ

カテゴリー

ブログ・リスト

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
物乞う仏陀
さっきのニュースで、ベトナムのドク君が昨日結婚式を挙げたことを告げていた。
キレイな花嫁さんだった。

石井光太著「物乞う仏陀」 文藝春秋刊
アジアの最貧困層や障害者層を取材し、国別にまとめたノンフィクションである。

各国を歩いていると、必ずどこかで物乞いに出くわす。
もうすぐ東南アジア放浪に出国する私にとって
それは読むべき書物ではなかったかもしれない。
カンボジアのプノンペンでは、
盲目の父親が幼い子供を従えて、喜捨を施すまで我々の前で延々と下手な笛を吹いていた。
中国の昆明ではまだ20代の若い男が、炎天下の大通りの歩道の上を
ずるずると四肢を這い蹲らせながら、通行人を見上げては僅かの金を乞うていた。
そしてどの町でも、陽を遮るものもない歩道橋や道の上で、
老婆が微動だにせず、道往く人たちにじっと地面に頭を着け伏せていた。
そういった底辺の人たちの生活と、それを独自に支援する人たちの生き方をリポートする。

ベトナム・ホーチミン市の郊外、クチ地区で妊産婦を続けてきた女性の話。
時代とその生活場所は、その女性をこの国最大の不幸な激動の中に巻き込ませた。
枯葉剤である。そして妊産婦という職業。
因果応報という仏教義がまだ根強く支配するこの国で
「なんでこんな子供を取りあげた?!」と親から罵声を浴びせられることもあったという。
現在この女性は、近隣の自分が取りあげた障害児の所を廻って、動かない手足のマッサージを続けたり、
そういった子供の世話をするために働き手が一人少なくなった家庭に、米や野菜を配って歩いている。

最終章、インドの障害者の物乞い編では、衝撃のルポが綴られていた。
内容が重大過ぎてここでは紹介できません。
今回活動に参加しない東南アジア研究会会員のけんいち君、
正月休みにはかならずこの本を読め。

は=

061217_1856~02.jpg

スポンサーサイト

コメント

色付きの文字斜体の文
は=さん
今、ネットのこの本の注文をしたなり!!
賢くお家で本を読んでみんなを待ってます!!

さて、冒頭にあった、ドク君の結婚、本当によかった!
あ、この東南アジア研究会の発足のきっかけになった
けんいち君とめちゃさんがベトナムに足を向けるきっかけに
なったのが「ベトちゃんドクちゃんの発達を願い会」が
「ベトちゃんドクちゃんだけでなくすべての子供に発達の機会を!」と
現地の教育機関との協働を行ったことなんですよね・・・

あのころ本当に少年だったドクちゃんが結婚・・・感慨無量です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ashita1995.blog61.fc2.com/tb.php/44-da12b028

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。