FC2ブログ

Stage&Cinemaコーナー

劇団あしたの会の劇団員が、最近見た舞台や映画の感想、おすすめの書籍などをアップしていきます!!

暦~こよみ~

« | 2018-11 | »
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アーカイブ

カテゴリー

ブログ・リスト

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
約束の冬 宮本輝

「空飛ぶ蜘蛛をみたことがありますか?10年後の12月僕は26歳になります。
地図に示したところでおまちしています。僕はそのときあなたに結婚を申し込むつもりです。」


 こんなラブレターを初対面の少年に渡されたらどう思うだろう。
宮本輝氏の著書を読んだのはこれが初めてですが、物語に引き込まれるように、
一気に読んでしまいました。
恋愛ものがたりのようで、ファンタジーのようで、サスペンスのようで。
さまざまな要素が組み込まれているこの作品は衝動買いしたものであったが、
出会えてよかったと思う。
 個人的に本の読み方が流し読みなので、細部にわたり
記憶にあるわけではないのですが、本の中に登場してくる料理や葉巻などの描写が
とてもリアルでした。(こんな所をお勧めすべきではないかも(^^; )
 さて、冒頭に書きましたラブレターをもらった主人公の女性、そして渡した少年。
二人の恋愛は?空飛ぶ蜘蛛とは?
是非読んで、話の展開を楽しんでいただきたい。
今回キタガワが購入した本は
「約束の冬」著 宮本輝 
文春文庫 上650円 下600円
です。文庫サイズなので、持ち運びも便利ですよ。
読まれた方、意見を聞かせていただけるとうれしいなぁ。

本を選ぶときは本屋をウロウロして3回手にとり、惹かれたものを買う、
キタガワがご紹介しました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ashita1995.blog61.fc2.com/tb.php/14-08c27dd0

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。