Stage&Cinemaコーナー

劇団あしたの会の劇団員が、最近見た舞台や映画の感想、おすすめの書籍などをアップしていきます!!

暦~こよみ~

« | 2010-04 | »
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アーカイブ

カテゴリー

ブログ・リスト

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そして、私たちは愛に帰る
そして私たちは愛に帰る
ドイツに住むトルコ人の父と息子。父の愛人となるドイツに出稼ぎに来たトルコ人娼婦とトルコで政治活動をする娘。トルコ人の娘を追ってトルコに行くドイツ人の娘とその母。3組の親子が国境を越えてすれ違う。ちょっとできすぎの偶然が多々あるけれど、物語がどうなるのか最後まで引きつけられました。ドイツ人の母の存在感が印象深いです。
さあ、もっとえいがをみるぞ!mechaでした。
スポンサーサイト
シリアの花嫁
シリアの花嫁
イスラエル占領下にあるゴラン高原。1967年の第3次中東戦争でイスラエルに占領され、多くの住人が無国籍となっている。花嫁のモナは、今日まだ会ったことのない男と結婚するために軍事境界線を越えていく。そこを越えるともう二度と帰ることはできない。モナの結婚を祝う兄姉たちにもそれぞれの事情がある。最後に自らの意思で国境を越えていくモナと自分の道を歩いていく姉アマルの凛とした姿がとっても美しい。
ロルナの祈り
ロルナの祈り
実に1年ぶりの記事になってしまいました。余裕のない1年だったのです。最近立て続けに気に入った映画を見たので、紹介します!
まずは、このコーナーの1回目に紹介した「ある子供」のダルデンヌ兄弟監督による「ロルナの祈り」。
アルジェリア人のロルナは、偽装結婚によりベルギー国籍を取るのですが、薬物中毒である結婚相手に愛情を感じ始める・・・。単なる男女の愛ではない彼女の母性や良心といった根源的な愛がテーマになっているように思います。ダルデンヌ兄弟の作品は、対象を距離をおいて見つめていく撮り方がクールでやっぱり私好みです 

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。