Stage&Cinemaコーナー

劇団あしたの会の劇団員が、最近見た舞台や映画の感想、おすすめの書籍などをアップしていきます!!

暦~こよみ~

« | 2006-10 | »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アーカイブ

カテゴリー

ブログ・リスト

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「オレステス」
「オレステス」
作:エウリビデス
演出:蜷川幸雄
出演:藤原竜也・中嶋朋子・北村有起哉・香寿たつき・吉田綱太郎他
場所:梅田芸術劇場

 今まで数多くのギリシャ悲劇を演出してきた蜷川幸雄が、新たなギリシャ悲劇への挑戦として『オレステス』を上演した。

 オレステス役に挑むには、藤原竜也。苦悩と狂気にさいなまれながらも、生きるために懸命に策略をめぐらすオレステスを、若手実力ナンバーワンの呼び声の高い藤原がどう演じるのか。そして、彼を支える姉エレクトラには、中嶋朋子。「グリークス」に引き続き、蜷川のギリシャ悲劇への登場となる。従兄弟のピュラデスには、演技に定評のある北村有起哉。メネラオスには蜷川作品には欠かせない吉田鋼太郎、そしてその妻ヘレネには香寿たつき、テュンダレオス役には日本演劇界の重鎮 瑳川哲朗と、実力派俳優が一堂に揃った。

 う~ん、蜷川演出を観過ぎかな~。小屋に入って席について、階段にある白いテープに「客席使うのね」と思い、冒頭は「うわっ!リアルな雨音」と思って暗転の中明かりがつくのを待っていたら、明かりがついた瞬間「うわっ!ほんまの雨やん」といきなりの雨降らしに感動していたのですが、話がね~、なんかようわからん内容で、しかも終わりが「えーーーッ、これで終わりなん」と思ってしまう内容やって・・・。がっかりです。通路沿いに座っていたので、藤原さんがすぐ横を通ってくれ(思った通り客席使っていたので)それはそれは大満足なのですが、それがなければ「金返せ~」って感じです。だって高かったんだもんっ!そうして、何度となくあった雨降らしに「衣装さん大変」ってなことを思ってしまった私です。一緒に観に行った友と愚痴りまくりでした・・・。

 11月には、ついにあの「ワハハ本舗」を生で観て来ます。東京にも芝居を観に行くし。それに期待!!!

 以上、ろみひーでした。
スポンサーサイト
日本以外全部沈没
映画「日本以外全部沈没」。どんな映画かと言うと、
日本以外は全部沈没するという話です。
「不良外国人国外強制退去」の設定を実行するため、
日本以外でもチベットの高山部だけは、
沈没させずに残しておいたようです。

筒井康隆のパロディ小説を映画化し、ちゃんとテロップには
「原典=小松左京」とうたっておりました。
この人らたぶんSF作家仲間の友達ですから、呑んだときかなんかに
「こんど君のあの小説、パロって出してもええか?」
「おもろい。やってみ、やってみ」
とかいうやりとりがあったのでしょうな。
でも、滅茶苦茶な設定の中にもメッセージはちゃんと発信しており、
「どうして外国人だけこんな目にあうの? 同じ人間でしょう?
みんな仲良くここで暮らしたらいいじゃないの!」
というまじめな部分はちゃんと受け取ることができました。
ラストシーン近くでは、例の不良国家の将軍様が
あの髪型そのままでパロ登場してきます。
それ見て怒って、なんか爆発させたのではないかと
私は推察せずにはおられません。
「ATOM’06」
THE CONVOY SHOW公演「ATOM’06」
10月 9日(月・祝)18:00
   10日(火)  14:00
場所:梅田芸術劇場メインホール
作・構成・演出:今村ねずみ
出演:今村ねずみ・瀬下尚人・石坂 勇・右近良之・徳永邦治・舘形比呂・黒須洋壬

<ものがたり>
 哲学者を名乗りあう「デモクリトスの会」の6人の仲間たちが「真夜中の詩人の会」を開くために、とある倉庫に集まってきた。互いに詩集を持ち合い、己の存在をかけて「真夜中の詩人の会」を始めようとしたその時、謎の人物が突如現れた。戸惑う6人に「お前たちの中で俺は実在する」と言い放つ男。そんな彼に対して投げかけられた合言葉はとは・・・・・突然の出会いが偶然だったのか、必然だったのか、互いの存在が見え隠れしながら、その合言葉の意味が明かされる。

 コンボイ最高!!!やっぱり良かったです!!!ほんとに良かった!!!唄あり、ダンスあり、タップあり、和太鼓あり、もうお腹一杯って感じです。皆様、かなりの御歳を召されつつあると思うのですが、どんなに激しく動いた後でも、息が切れてないんですよね~。いや~凄いわ!生演奏に生唄まであって、どんだけ稽古してるんやろ・・・なんてことを考えてしまいました。皆様、ほんと、死ぬまでに一度は観て下さいね。疲れを忘れさせて貰えました。今週末には「オレステス」を観てきます。また書き込み致しますね。

以上、ろみひーでした。
フラガール
いってきました~フラガール
どれくらい前からでしょう、この映画をみたくてたまらなかったのは・・・

実は3年くらい前に東京ディズニーランドでフラをちょこっとだけ踊れるショーに参加して、そのあまりの楽しさに「いつかフラ習うぞ~」と心にきめていたのです。

出演の蒼井優、南海キャンディーズのしずちゃん、音楽を担当したジェイク・シマブクロで話題になったと思いますが
松雪泰子、豊川悦司など魅力的な役者さんが勢ぞろい!
まぁ、そんな感じで念願の映画のご紹介です・・・

昭和40年の福島県いわき市で「常磐ハワイアンセンター」を
作った人と、それを支えた人たちの実際にあった話。
閉山した炭鉱を切り開いて寒い北国に「ハワイアンセンター」を作る、そこの目玉が炭鉱娘たちの「フラダンスショー」だった。
ダンスの経験は盆踊りしかない少女達の元に、東京でトップダンサー
であった女性が指導者として招かれる。
最初は全くやる気のないこの女性。しかし少女らのひたむきな姿に徐々に気持ちが変わっていく・・・
「ハワイアンセンター」オープンまでまもなくという時期、少女らもプロのダンサーとしてのテクニック、精神を身につけていく。
しかし、そんな中大きな事故が起こるのだった・・・

少女達のダンスを教える松雪泰子のダンスシーンは本当にきれい!
スタイルがいいのもあるけど、すごくレッスンしたそうな。
最初の登場シーンと最後に一番ギャップがあるのが松雪泰子ですな。
松雪泰子のダンスに魅了されて少女達も頑張ろうとするのだけど、身体が思うように動かないところもとってもほほえましくて・・・
しずちゃん、すごくいい役でしたね。一番どんくさい役でしたが、
中盤ではしずちゃんに泣かされてしまいます。

昭和40年、時代の流れとともに、炭鉱の仕事が徐々に少なくなって
いく時代。誇りをもって働く男達、それを支える女達。
みんなが熱い!そんな人たちが一つになって、「ハワイアンセンターが出来た時、「フラガール」達が舞台で踊る。
最後のダンスシーンはかなり圧巻です。

ごめんなさい、早くアップしたかったのですが、この性格なもので・・
京都シネマのバリアフリー上映会が終わってしまいました。

各地でまたあるかもしれないので下記のHPをご覧下さい。
http://www.hula-girl.jp/index2.html

以上、今回の本番が終わったらフラダンスの教室に通いたいなぁと思っている、影響を受けやすいキタガワがお伝えしました。


「金魚姫と蛇ダンディー」
楽市楽座公演「金魚姫と蛇ダンディー」
会場:中之島公園剣先広場 特設野外円形劇場ラフレシア
日時:9月29日(金)~10月2日(月) 19:30~
作・演出・作曲:長山 現
出演:佐野キリコ・朧ギンガ・田口哲・長山現・西田政彦(遊気舎)・一快元気・村井久美子・斎藤勝(劇団ARK)・森田みゆき(劇団ARK)・つぐみ和(劇団ARK)・大野恵子(たなぼた)・町本卓也(劇鱗)・檪原将弘(劇鱗)・澤田誠(劇鱗)・前川哲志(劇鱗)

 楽市楽座のラフレシアは360度が客席の仮設円形劇場です。壁も屋根も半透明、舞台の上は吹き抜けで、空やビルや樹がのぞきます。舞台には大きな丸い池。そこにまた丸い盆が浮かんでいて、それが廻り舞台になっているという、世界に類のない劇場です。開演前、開演後の時間も楽しくお祭り騒ぎ。四方から次々に現れるパフォーマーたちは、動物やバケモノ、ニンゲンや虫たちとなって、全身を使い、生演奏の楽団のリズムにのって、明るく馬鹿馬鹿しく唄い踊ります。大阪らしいド派手さと笑いに満ちつつ、その様子はまるで昔話の世界。野蛮でおじゃらけたドリームタイム(神話的時間)。前回「肉月」に続いて再登場の、きらびやかでワガママな金魚姫と、金も力もない色男の蛇ダンディー。二人のとても奇妙で聖なる物語を、ぜひ体験してみてください。きっと何か、わたしたちの奥深くに燃えている「芸能の根源」のようなものを感じてもらえることと思います。(公演パンフより)

 野外公演を観るのは2回目だったのですが、めっちゃ面白かったです!装置が凄かった!!!廻り舞台に、雨降らし、登場人物のキャラクターも多種多様で、あっと言う間の二時間半でした。野外でここまで出来るのか・・・と圧巻されました。役者の力量もあり、ほんとに良かったです。友人が出ているので、いわば「お付き合い」で観に行ったのですが、「お付き合い」で観た芝居では、ベスト3に入るかも?また、楽市楽座さんの小屋公演も観てみたい!という気持ちにさせられました。次回公演には是非足を運びたいと思います。

以上、ろみひーでした。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。