Stage&Cinemaコーナー

劇団あしたの会の劇団員が、最近見た舞台や映画の感想、おすすめの書籍などをアップしていきます!!

暦~こよみ~

« | 2006-09 | »
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

カテゴリー

ブログ・リスト

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紙屋悦子の青春
本年四月に急逝した黒木和雄監督の遺作。本人も参加した試写のわずか一週間後に亡くなられたといいますから、多くの関係者、とりわけ原作の松田正隆氏にとっても衝撃的な訃報であったのではないかと推察されます。この原作は、元々は松田氏の所属していた京都の劇団「時空劇場」で、かつて上演された同名戯曲です。その舞台を昔、私は観たことがあります。戦争の非情を描いた作品なのですが、ありがちな戦闘シーンや空爆シーンは一切出てきません。当時の田舎の一軒家、その居間のちゃぶ台を挟んでの人々の、戦時下の日常的な会話が淡々と進むのです。物語の大筋はこうです。戦争末期、この一軒家に住む娘さんを密かに愛した若き航空兵士。けれど彼は、お国のため間もなく特攻兵として出撃する覚悟をしている。未来のない彼は、彼女の幸せを望むがゆえ、自分の無二の親友(航空整備士)とその彼女と見合いさせる。そんなお話しです。この殆ど全編ダイアローグ(会話)芝居を、黒木監督は、見事そのまま映画化しました。映画館から出た私は、一本の芝居を観終えたような感覚に陥りました。例えば冒頭の病院の屋上シーン。平成の世まで生きながらえた主役夫婦の長い会話が、カットなしの長まわしで映され続ける。その後シーンは戦中に遡るのですが、又も、娘の兄夫婦のちゃぶ台を挟んだ会話が延々と続く。会話と会話のあいだの不必要に思える「間」も、そのまま。実生活であれば、静寂の中で聞こえてくるであろう時計の進む音。おはぎを食べるときの「クチャクチャ」した生理音。生きているという日常生活の末節をあぶり出されることで、観客はそこに生身の空間と人間がいると錯覚してしまうような、ちょっと気恥ずかしい皮膚感覚。人の心の揺れの中にある様々な「間」を台詞以上に大切にし、一番身近な日々の営みから、逆説的に死や戦場を照射させる松田氏の「テク」を、黒木監督は(くどいようですが)本当にもう、そのまま映画化したのです。だと私は思います。映像作家であれば、舞台用戯曲を何とか視覚的に見せようとするのがサガではないかと思われるのですが、この作品では人の立ち位置、座る角度という演出でさえ、演劇的でした。象徴的に映し出される桜の木や、娘が暮らす一軒家にしても、どこか舞台装置を連想させる造りであったように思います。これは私の勝手な推測なんですが、黒木監督はかつての時空劇場の「紙屋悦子の青春」を観劇し、ひどく感動し、それを記録として残る映像にそのまま焼付けたかったのではないか。そんな気がするのです。であれば(と勝手な前提の上で)ただ一つ残念だったことがあります。映画では特攻兵の死を知り、娘が泣き崩れるシーンがあるのですが、時空劇場の芝居では描写がかなり違いました。かつて私が観た芝居では、男の死を知った娘が上手に「退場」し、そして退場した後すぐに上手舞台そでから娘の泣き声だけが聞こえるのです。泣いている主人公の顔を観客に見せない。一番美味しいところを見せない。観客はただ舞台を眺めながら、そこにいない娘の泣き顔を想像するしかない。この演出に、当時の私はふるえました。「見せない」という見せ方にショックを受けました。映画版では、娘の姿がありのまま映像化されていたので、そこがちょっと残念でした。それにしても、戦争を知らない松田さんの戯曲にほれ込み映画化した、戦中を生きた黒木監督。親子ほどの年の差を越え、同じ世界を描こうとした二人。その黒木監督の突然の死を、松田さんはどのように受け止めているのでしょうか。 


以上、初書き込みの【わっきー】でした……そう言えば、私のことをわっきーと命名したのは他でもない、その劇団時空劇場の怪優ブルース近藤君でありました。その時、松田氏は「失礼なことを言うもんじゃない」と近藤君を諌めましたが、しかし、その日のうちに彼も又、私のことをわっきーと呼んでおりました。これは十年以上も前の話。勿論、ペナルティのワッキーが世に出る遥か昔の出来事でありました。
スポンサーサイト
「伝説の女優」
「伝説の女優」
原作:ジェームズ・カークウッド
演出:宮田慶子
翻訳:常田恵子
出演:浅丘ルリ子・木の実ナナ・太川陽介・大澄賢也・小林正寛・田中利花

<ものがたり>
 犬猿の中である往年の映画スターに舞い込んだ、舞台への出演をめぐる騒動を描いた珠玉のコメディー。その映画スターを演じるのが、浅丘ルリ子と木の実ナナという、素晴らしい耀きを放ち続ける女優二人です。ゴージャスなドレスに身を包み、なりふり構わぬ喧嘩っぷりで笑わせたと思うと、寂しい胸の内を互いにさらけ出す素直な姿で涙を誘う・・・。観るものの心に深い感動を与えてくれる舞台です。
 
 う~ん、ちょっと期待外れだったかな~。スターのオーラは十分にかもし出していたのですが、物足りない感じでした。特に木の実ナナさんの舞台は何度か拝見したことがあるのですが、ミュージカルの方がいいかも?うん、そうです!絶対に!浅丘ルリ子さんが、イマイチな感じでした。そう思うと田中さんがとても魅力的でした。仕事を終えてから観に行ったので、疲れているのもあったのですが、後半、少し寝てしまいました・・・。面白かったら、そんなことはないと思うのですが・・・。今月チケットを手配している芝居はこれで終わりなのですが、物足りなさが残る芝居だったので、何か芝居を観に行けたらと思ってます。また、その時は書き込みしますね。

以上、ろみひーでした。
「噂の男」
PARCO presents 「噂の男」

大阪公演:9月7日(木)~10日(日)
場所:シアタードラマシティ

作:福島三郎
潤色・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ(ナイロン100℃)
漫才台本:中川家

出演:堺 雅人(劇団東京オレンジ):橋本じゅん(劇団☆新感線)・八嶋智人(劇団カムカムニキーナ)・山内圭哉(piper)・橋本さとし(劇団☆新感線)・猪岐英人・水野顕子

<ものがたり>
 時は現代。場所は大阪にある宝田興業の持ち小屋、昭和の戦後の建てられた、宝田グランド劇場。その舞台袖、地下室にある『ボイラー室』と呼ばれる一室。そこを訪れる、芸人たちとそれをとりまく人々。

 鈴木光明=宝田興業のエリート社員。宝田グランド劇場支配人。
 モッシャン=宝田興業所属の漫才コンビ「パンストキッチン」のツッコミだったが、相方アキラの先立たれ、今は酒びたりの日々。
 ボンちゃん=宝田興業所属の売り出し中ピン芸人。
 加藤信夫=ボイラー室の整備のためにやって来た、ボイラー技師。
 アキラ=「パンストキッチン」のボケで、モッシャンの相方。12年前に他界。
 骨なしポテト(トシ&アヤメ)=宝田興業所属の中堅夫婦お笑いコンビ。

五人の男と一人の女、そして一人の幽霊(?)が集まって、やがて露呈するそれぞれの思惑。そして12年前、アキラの死の直前の一体何があったのか・・・?過去と現在を行き来しながら、物語は意外な方向へと展開していく・・・。

 久々に、めっちゃ笑った芝居でした。笑いに厳しい大阪のお客さんを笑いの渦に巻き込んだ作品です。が、前半、笑いに笑った分、後半は身の引き締まる思いでした・・・。「生と死」私個人の考えでは、どの作品にもこの「生と死」というものが原点にあると思っているのですが、それをはるかに超えた作品でした。一人二役をしている役者さんがいたのですが、観終わって、カーテンコールで出てくるまで、全く気づかず「え~そうやったんや~」でした。役者の力量も去ることながら、演出・脚本も申し分ない程に完璧でした。漫才の場面では、劇団☆新感線の二人が演じたこともあってか、呼吸はぴったり、アドリブはバンバンといった感じで、ほんとのお笑い芸人よりも面白かったかも?また、劇団☆新感線の二人は、新たな一面を垣間見ることが出来ました。特に、橋本じゅんさんは最高に良かったです!名古屋公演が9月21・22日にあります。チケット完売により追加公演が決定。時間とお金に余裕のある方は、、是非足を運んでみて下さい。かなりの出費になりますが、それだけの価値はあると思います。

 久々の書き込みなのですが、実は8月にも1本芝居を観ました。でも、あまりにも面白くなくって、書き込みが出来ず・・・。蜷川幸雄演出だったのですが、う~ん、ほんと、イケてなかったです。装置や演出は良かったと思うのですが、本が面白くなかったな~。役者さんも、どっちつかずな感じで・・・。なので、今回の芝居が、なおのこと面白く感じたのかも?

 来週は「伝説の女優」を観に行って来ます。前評判ではかなり面白いとか・・・。でも、期待して観にいくと、初めからハードル高くすることになるので、あまり期待せず行きたいと思います。また、書き込みしますね。

以上、ろみひーでした。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。